保険証に関する手続き

お金と同様に価値ある大切なもの

イラスト

健康保険被保険者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されます。健康保険の被保険者であること、または被扶養者であることは、この保険証によってはじめて証明されます。

この保険証さえ提示すれば、被保険者(本人)、被扶養者(扶養家族)として、健康保険の扱いで病気やケガなどについての診療、投薬、入院治療などが受けられます。したがってこの保険証は、お金と同様に価値のある大切なものといえるでしょう。

病院に預けっぱなしにしたり、汚したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、違法行為となり処罰の対象になります。

紛失によって思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取り扱いには十分注意して大切に保管してください。

なお、被保険者証をなくした場合、再発行は有料(1枚あたり500円)になりますので、取扱いには十分ご注意ください。

事由 期限 手続方法
保険証を紛失・汚損したとき ただちに 「被保険者証再交付申請書」を提出。
子どもの誕生、結婚などで家族(被扶養者)に異動があったとき 5日以内 「被扶養者(異動)届」を提出。
結婚などで氏名に変更があったとき 5日以内 「被保険者氏名変更(訂正)届」に保険証を添えて提出。
被保険者の資格を失ったとき 5日以内 保険証を返す。

被扶養者の削除

健康保険組合では、一定の条件を満たしたご家族を被扶養者として認定し、保険給付を行っています。しかし、就職等による収入の増加など、被扶養者認定基準をはずれたときは、被扶養者資格を削除する届出が必要です。

次のようなケースに該当する方は、届出が必要です

お子さん

○就職した

○アルバイト収入が増えた

○結婚した(相手の扶養に入る場合)

配偶者

○年収が130万円以上になった(就職した、パート収入が増えたなど)

○離婚した

親または配偶者
(60歳以上)

○年収が180万円以上になった
(再就職した、年金をもらうようになった、不動産収入があったなど)

○同居していた義理の親と別居になった

[手続き]

5日以内に被扶養者届(異動届)を提出し、該当する被扶養者の保険証を返却してください。

届出(保険証の返却含む)をしないと、こんな問題が生じます

そのまま当健保の保険証を使って診察を受けると…

被扶養者基準からはずれた方が、当健保の保険証を使って診察を受けた場合、後日、健保負担分を当健保まで返還していただくことになります。すみやかに届出を行って、医療機関には保険証が変わったことを伝え、新しい保険証を提示して受診してください。

高齢者のために拠出している医療費が増える

健康保険組合では、高齢者を支えるために医療費を拠出していますが、この額は被保険者を含めた加入人数によって算出されています。そのため、資格のない方が加入されていると、この額が増え、健保財政に影響を与える可能性があります。

申請書類はこちら

被保険者証再交付申請書 Excel版 書類(PDF) 記入見本(PDF)
住所変更(訂正)届 Excel版 書類(PDF) 記入見本(PDF)
被保険者氏名変更(訂正)届 Excel版 書類(PDF) 記入見本(PDF)
被扶養者(異動)届 Excel版 書類(PDF) 記入見本(PDF)
被保険者資格証明書 Excel版 書類(PDF) 記入見本(PDF)
このページのトップへ